ブランド服の通販サイトでコートを購入する際の注意点

ブランド服の通販サイトでコートを購入する際の注意点として、3つのポイントを覚えておくと良いでしょう。見栄えが良くて着心地が良い品物を選びやすくなります。
1つ目のポイントは、腰の部分が細身のアイテムを選ぶ事です。見栄えの良い品物は、共通してシルエットが綺麗になっています。ただし、寒い時期に適した丈の長いアイテムの場合は、どのアイテムを選んでもオーバーサイズになりやすいものです。丈の長いアイテムを購入する際は、ボトムスとの相性を考えて選ぶと良いでしょう。
基本的にはボトムスを細身にする事で解決します。上が太くて下が細いシルエットは綺麗に見えやすく、オーバーサイズになりがちな丈の長いアイテムでも格好良く着こなせるものです。アイテム選びのポイントとして、色の選択を慎重に行いましょう。例えば、コートには濃い目のオリーブの色を選んで、靴とボトムスを黒でまとめる方法がおすすめです。トップスとボトムスで色の明るさが違いますので、上半身の太さと下半身の細さが強調されてシルエットが綺麗に見えやすくなります。
シルエットを意識するだけで、格好良く見えるアイテムを選びやすくなります。手持ちのボトムスとの相性も考えながら、最適な色のアイテムを選ぶようにしましょう。
2つ目のポイントは、袖の長さをチェックする事です。例えば、海外のブランド服を通販で購入する際は日本ブランドの製品よりも袖が長い場合があります。袖の長いアイテムは袖口も広い事が多く、サイズが合わず子供っぽい印象を与えてしまいます。格好良く見えるアイテムとして選ぶ為に、購入前に袖の寸法チェックは必ず行いましょう。
どうしても欲しいコートの袖の長かったり、袖口が広すぎたりする場合は、着こなしの工夫で解決できるか調べるべきです。有効な方法は、腕まくりをして手首を見せる事です。手首が細く見えると腕全体も細く見えますので、オーバーサイズのアイテムでも格好良く着こなしやすくなります。ただし、サイズがあまりに大きすぎると違和感を与えてしまいます。着こなしの工夫で対応できる範囲は限られていますので、海外のアイテムを購入する際は小さめのサイズを購入する事も検討しておきましょう。
3つ目のポイントは、襟の形や大きさに注目する事です。シルエットもサイズ選びも上手くできても、首元に問題があると格好良く見えにくくなります。問題は2タイプあり、まず襟が小さすぎて首元が寂しい印象になる事です。次に、首元が派手すぎる事です。襟が大き過ぎて野暮ったい印象を与えやすくなる事です。気に入ったコートの襟にだけ問題があるなら購入しても構いません。ショールやストールで襟を隠せば、顔を小さく見せてスタイル良く見せやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>