ブランド服を通販ショップで購入する際の注意点

ブランド服を通販ショップで購入する際は、3つの注意点を把握すると安全に利用できます。ブランド服の購入をより便利にお得にする方法として覚えておくと、お店えらびの際に役立ちます。
1つ目の注意点は、正規輸入品と並行輸入品との違いを把握しておく事です。正規輸入品はブランドの本社から日本の正規代理店が直接輸入した商品です。基本的に正規販売店で販売されるものとなっています。並行輸入品は販売店が独自に海外の正規代理店や卸売業者から輸入した商品です。
正規輸入品は輸入ルートが明確で、偽物が入り込む余地がありません。正規販売店で正規輸入品を注文すれば、確実に本物を入手できるものです。販売価格はブランドが決めた価格になりますので、値引きされた状態での販売は行われません。
並行輸入品は販売店独自の輸入ルートになりますので、信用の置ける販売店を選んで購入する必要があります。販売店によっては輸入ルートが不明瞭な商品も多く、場合によっては中古品を新品と偽って販売していたり偽物を本物として販売している事もあるので注意が必要です。販売価格は正規輸入品より安い傾向があり、日本未発売の商品を購入できるメリットもあるものです。
2つ目の注意点は、購入先を慎重に選ぶ事です。ブランド服の価格自体は並行輸入品の方が有利ですが、ブランドの公式通販ショップをリピーター購入するとポイントが多く付与される等の特典もあります。一度だけ購入するのなら並行輸入品の販売店を利用する方がお得ですが、ブランドのファンで繰り返し購入していくつもりであれば、ブランド公式のアカウントを登録して購入する方が結果的にお得な買い物になります。
3つ目の注意点は、悪質な業者に警戒をする事です。ネット上ではブランド服に見せかけた偽物を販売する詐欺を目的とした業者も存在します。詐欺を目的とした業者の特徴は通販ショップのサイトに表れますので、よくある詐欺目的のサイトの特徴を把握しておきましょう。
例えば、販売価格が全品50~70%OFFという大きな値引きをしている事です。一見、リーズナブルな販売価格を示している優良店のようですが、実際に仕入れているのはブランド品よりも仕入れ値が低い偽物となっています。また、会社概要や特定商取引法に基づく表記等のページがなく、運営している人物が不明瞭である点も目立つ特徴です。会社の場所が不明であったり、振込先が会社ではなく個人名義であったりと、実態をできる限り隠している点も詐欺を目的とする業者の特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>